PERUGIACUP2016

今日は年に一度のBMXお祭りイベント、「ペルージャカップ」に出場する為、ムラサキパーク東京へ行ってきました。大人、子供を合わせて100人以上のライダーが集まるビッグイベントです。

シュンは3年生から連続出場し、3年生で5位、4年生で3位と順位を上げていました。今年の春まではもちろんこの大会を目指し練習に励んでいたのですが、痛めた右肘が治らず、今年は応援する側に…。来年こそ、兄弟で出場の夢、叶えようね。

トラは「ペルージャカップ」初出場。6才、年長さん。どこまでやれるでしょうね?今年のキッズクラスは4才〜6年生(11才)までの29人で争われます。9時からいよいよスタート!開会式前に、大好きなワダポリスさんといつものポーズで気合い注入!

気合いのポーズwithWADAPolice
気合いのポーズwithWADAPolice

キッズクラスは年齢順(同じ年齢の時は生年月日順)で5人ごとの7グループに分けられており、トラは1グループ目の5番手。その為、開会式が終わってすぐ本番となりました。

本番直前!!!!
本番直前!!!!

きちんと走りきれるのか、ルーティーンは覚えているのか、色々考えて緊張する私をよそに、トラは最初のジャンランのエアーでOnefooterの着地に失敗し派手に転倒。ジャンランのこぶに届くほど大きなエアーでした。それでもすぐに立ち上がり、その後予定していたルーティーンをきっちりキメテくれました。

スタート位置にスタンバイ
スタート位置にスタンバイ

2ndRunではきれいにOnefooter(ジャンラン)は決まったものの、キャンキャン、ETtoOnefooterでは足を着いてしまいました。ただ、RtoBankでは飛び切りと飛び切りOnefooterをメイク。エアターンもきれいに決まりました。

母目線では、2Runとも思い切りのいい、勢いのあるトラらしいライディングができたと思います。本人は後から5050がルーティーンから抜けてしまったことを悔やんでいたけど、今日のトラは100点満点。よく頑張りました。

表彰式で名前を呼ばれるのは5位まで。そこにトラの名前はありませんでした。ジョージ、イチト、ユーマなど普段一緒に練習している高学年のお兄さん達がずらり。大人から見たら当然のことかもしれないけど、トラは涙をためた目で「車に戻りたい」と私の足にしがみついてきました。パークを出た途端、涙が溢れ…。それだけ頑張ったんだもんね。悔し涙を流せた君を誇りに思います。その後、泣いたまま朝まで眠ってしまいました。トラ、初めてのペルージャお疲れさまでした。

トラの初出場の順位は7位。

順位発表。トラは7位!
順位発表

本人に伝えたけど、7位という順位がピンとこないみたい。数字がよく分からない6歳児(笑)。昨年まではコンテストに出ようなんてレベルじゃなかったトラが、出場できたんだからスゴイことです。これからも楽しく元気に練習ができて、自分が頑張ったことを大会で出せればいいなと思います。

 

コメントを残す