superman

KOASTAL JAM 2018


 昨年に続き、2回目となるKOASTALJAMに出場しました。

集合!
集合!

 今年はシュンが中学生になり、オープンクラスでの参戦。バックフリップの師匠であるトシオさんと同じ組で走りました。他の大会も同様、小学生クラスで出るのが当たり前だった数年間を考えると、今年はグッとレベルの高いクラスでの出場が多い年でもあったなぁと改めて感じました。

 昨年と違い、今年はジャム形式。一人一人決められた時間を走るのではなく、数分間の中で次から次へライダーが出て行く試合形式でした。その為、他のライダーに遠慮していると走れないことも。ジャム形式の試合はほとんど経験がないシュン。とにかく積極的に乗ろう!ということをアドバイスしました。
 出番は多く作れたシュンでしたが、同じ技ばかりを繰り返し、前日調子の良かったテールウィップも出せずに時間切れ。出ることに必死で技の組み立てを考えられなかったという大きな反省点が残りました。結果は6位。表彰台には一歩届かずでしたが、バニーホップ大会では65cmを飛び3位で表彰台に立つことができました。

バニーホップ大会3位 記録65cm
バニーホップ大会3位 記録65cm

 トラは昨年と同じく小学生ロークラスに出場。ジャム形式ではなく、1人1人走ります。時間は決めず好きに乗ってよいという主催者MiyaGさんの配慮により、本当に自由に乗らせてもらいました(笑)今年頑張ってきた技を全部入れよう!を軸にルーティーンを決めました。最後に初めてスパインバーにチャレンジすると言うので、本当にやるかどうかも含めドキドキしながら見守りました。いつも一緒に練習している仲間に声援をもらい、見事チャレンジすることが出来ました。帰り際、「あの状況でやらない訳にはいかない」と話していたトラ。みんなの声が力になりました。ありがとうございました。結果は優勝!おめでとうトラ!

キッズロークラス優勝
キッズロークラス優勝

 2018年はJFBF主催のJapanCupや全日本選手権、ペルージャカップ、コースタルジャム、様々な大会に出て親も子も貴重な経験を積んだ1年になりました。シュンは悔いの残る大会が多かったと思うけど、この先の自分のことを真剣に考え努力を続けることが出来ればチャンスは広がっていくはず!トラは難易度の高い技を練習する機会が増え、精神的にも乗り越える力が必要とされた年になったと思います。まだまだ2人ともこれから!一歩一歩前へ進んでいけますように。

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す